1. >
  2. だめだと分かっていても潰したくなる

だめだと分かっていても潰したくなる

中学生のころから顔にできものができると気になって仕方がありませんでした。あまり跡が残ることも気にせず、無くなってほしいという気持ちのあまりにどんどん潰していました。特に鼻の上のニキビは赤くはれたり、視界にも入ってくるので触ってはいけないと分かっていてもついつい触ってしまうのでした。しかしある日いつもどおりにニキビを潰した次の日、鼻の皮膚がべろべろにめくれて乾燥肌のようにかさかさに荒れてしまったのです。保湿クリームで対処しましたが、それから2週間ほど跡が残り苦労しました。それからはニキビ跡を気にしてケアを怠らないようにしています。

跡の残り方に傷で残るタイプや、ぼこぼこになって残るタイプがある。

「鼻の頭」や「小鼻」など決まった場所にばかりできて、そのたびに潰していて、今までは数日間、ニキビ跡としてのこってもいずれ消えていたが、そのうち消えなくなるのではないかと不安です。

ニキビはつぶさない方が、跡が残りずらいのかと思っていますが、つい潰してしまいます。

小学高学年の息子がいますが、これからニキビがひどくなって、跡が残るようなことにならなければいいなと思います。

女性に比べて、男性の方がニキビ跡がひどく残っているような印象がありますが、やはりスキンケアが大切なんだと思います。

化膿してしまったニキビは跡がのこりやすい。こんなにいろいろ発達している世の中なのに、にきび跡って残るんだな。

思春期はニキビが沢山できて、赤く化膿したニキビになると跡が残りやすかったです。デコボコにならずにすみましたが、学生の頃はお化粧も出来ず、隠し様が無かったので、黒っぽく跡が残るとブルーになっていました。現在は吹き出物の年代なので、ほとんど出来る事はありませんが、これだけ医療,科学等発達している世の中でもゼロにする事ができないのがにきび、ニキビ跡なのかな、と思います。大人になってニキビ跡で後悔しないよう、正しい方法でケアする事が大事だと思います。

若いころにニキビがたくさんできていた時、あまり触ったりつぶしたりするとニキビ跡ができてしまうと言われていました。

思春期のころにニキビがたくさんできて、とてもわずらわしかったのですが、ニキビはあまり気にしすぎていじったり、潰したりすると跡が残るから、そっとしておいて、ともかくしっかり毎日何度も顔を洗うようにした方がいい、とアドバイスされました。それで、あまりニキビに触らないようにして3年ぐらい我慢していたら、だんだん治ってきました。最初のころはニキビ跡もあったのですが、時間がたつにつれてその跡も薄れてきて、最後はすっかりキレイになりました。良かったと思います。